« ニガテ | トップページ | カレー »

2007年1月21日 (日)

もう一つの文化センター

先週文章教室に行きましたが、今回は、「詩」の教室です。
そう、思わず「文章」と「詩」の教室に申し込んでしまっていたのです☆二つとも月2回土曜日にあるので、毎週文化センター通いになります。(とりあえず3ヶ月は)。今のところ、会社の人には何も言ってません。恥ずかしいから。この「恥ずかしいから言えない」心の壁をはずしたら、ワタシはちょっとだけ成長できるんだろうと思います。はぁ、長い道のりだ。

さて、詩の教室。
文章教室よりも人数が多く、20人くらい。やっぱり年配の方が90%を占めています。
教室に入って、数分もしたら、皆さんの作品を渡され、しかもそのメンバーで定期的に発行している本をいただきました。おぉ、すごい。そして全然作風が違う。オトナな感じです。

教室の内容は、先生の講義と、生徒が書いてきた詩を朗読して、先生が高評するもの。文章教室とほぼ同じです。が、どこが「いい」とか「ここをこうしたらもっとよくなる」とかそういう評価はナシ。否定しないんだな、この先生。う~、その作品がその人の味を出しているから、特に何も言わなかったのかな。ちょっと様子見です。
そして、講義がすごく長い!人間というものは~とか、日本人が忘れてしまったものは~とか、ちょっと年配向けな内容。分かるんだけど、この先生の人生論?に共感してもいいものかどうかはよく分からない。これもちょっと様子見です。
しかし、生徒の書いてきた詩は、20分くらいしか読んで評価する時間がないので、読めなかったものは次回に持ち越し。。。。持ち越しが増えてきたらどうなるんだろう。毎回提出するつもりだったので、どうしようかしらんと思っているところです。

|

« ニガテ | トップページ | カレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102646/5026137

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つの文化センター:

« ニガテ | トップページ | カレー »